Recherche

ブランドの歴史



1925

〈ユリウス・カイルヴェルト〉はドイツの小さなアトリエから始まりました。そして10年足らずのうちに、世界でも有数なサクソフォーン・ブランドの一つとなったのです。


1946

〈ヴェンツェル・シュライバー〉はドイツ ナウハイムで木管楽器のアトリエを立ち上げました。数年後には、本格的にクラリネットとバスーンの製造を開始しました。


1991

〈ヴェンツェル・シュライバー〉は楽器製造の街、マルクノイキルヒェンに新しい工場を建設しました。


1997

〈ユリウス・カイルヴェルト〉と〈ヴェンツェル・シュライバー〉の二大楽器製造ブランドが合併しました。


2001

マルクノイキルヒェンの工場は新築され、新たな生産がスタートしました。


2010

〈ヴェンツェル・シュライバー〉と〈ユリウス・カイルヴェルト〉のブランドは、木管楽器製造における長い歴史と伝統を持つ、ビュッフェ・クランポン・グループの仲間となりました。


2012

この年、新たにグループ名を“ビュッフェ・グループ”へと変更しました。 これは、“管楽器における世界的象徴”という方向性のもと、それぞれのブランドが一つに集結した証なのです。

Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping